ネットワーク環境について


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/abp/abphone.jp/public_html/wp/wp-content/plugins/q-and-a/inc/functions.php on line 252

 

ご使用のネットワーク環境をご確認ください。

  1. インターネット接続は、光回線をご利用ください。
    1. 音声品質及び安定接続の為にFTTHをご利用ください。
    2. ADSLの場合、音声にノイズがのるまたは途切れる、音声が遅れることがあります。
    3. モバイルルーター(eMobile,WiMAX)の場合、FAX通信でエラーとなることが多く、FAXはご利用いただけません。音声通話は可能です。

  2. NEC Aterm WD701CV、YAMAHA NVR-500など、IP電話対応ルーターをご利用の場合はIP電話機能(SIP)をOFFにしてください。

  3. ルーターが2重(2段)は不具合が生じる場合があります
    1. ルーター機能を1台だけにしていただき、他の機器はブリッジモードに切り替えてください。
  4. ルーターは「DHCP サーバー」が稼働している必要がございます。
    1. IPビジネスフォン、VoIPアダプタは、DHCPクライアントとなっており、IPアドレスを取得するようになっています。

  5. ブロードバンドルーターを再起動した場合はルーターが安定(5分以上)してから、IPビジネスフォン及びVoIPアダプタも再起動してください。

  6. 電話機と接続される「電話線」(RJ-11)は品質のいいものをご使用下さい。
    1. 電話線が古くコネクタ部が老化したもの(接触不良の疑いがあるもの)、または長い電話線を使用すると、電話の発着信で不安定になることがあります。

  7. ブロードバンドルーターとIPビジネスフォン間は直接接続、またはスイッチは1段としてスイッチが多段にならないようにして下さい。
    使用されるスイッチにより着信が不安定なる場合があります。

  8. Port番号 5060はSIP用に使いますので、このPort及びSIPプロトコルをBlockしないように、
      ルーターまたはFire wallの設定をしてください。
    1. UDP,RTPを使っています。各々両方向で通信できるようになっていることをご確認ください。

  9. ルーター及びスイッチはQoS対応のものの利用を推奨いたします。音声通話がより安定します。特にLANに接続されているPC及び機器が多い場合は音声通信を安定化させるためにQoS対応のスイッチをご利用下さい。


企業ネットワークにおける、NAT、Firewall対応について

  • VoIPを使用するための、SIP及びRTPを通過させるための参考資料です。企業のネットワーク管理者用の案内となっております。
  • 外部(Cisco)のWebサイトへ移動します。

 

 

モバイルルーター利用時の注意事項

モバイルルーターは必ずLTE対応のものをお選びください。3G及びWiMAXでは支障があります。
LTEの転送速度(2014.3現在)はソフトバンクの場合にiPhoneはダウンロードが平均23.10Mbps、アップロードが平均8.94Mbpsとなっており、通話では上り速度が重要です。

2014年3月 ローカルエリアの外出先100地点 通信速度実測調

3Gでは、上りが1Mbpsにも満たないことがあり、この場合は、相手に声が聞こえません。

IP電話でLTEモバイルルーターを使用するには以下のことに十分注意してください。

  • 常にLTEを受信するようにLTE電波状況のいい場所を選んでください。
    3Gでは電波の状況が良くても上り最大 5.7Mbps(ドコモWi-Fi STATION L-02F)までしか速度がでません。
  • LTEの受信感度のいい場所を選んでください。
  • 常にLTEモバイルルーターの通信状態は確認してください。電波は流動的で状況で電波強度が変わります。
  • Wi-Fi STATION L-02Fの場合の例

————————————————-
LTE 受信/送信(受信150Mbps/送信50Mbps)
————————————————-
3G FOMAハイスピード対応(プラスエリア対応)
    受信時最大 14Mbps/送信時最大 5.7Mbps
————————————————-
以下より抜粋

FOMAハイスピードエリア内であっても、場所によっては送受信ともに最大384Kbpsの通信となる場合があります。送信時最大5.7Mbps、2.0Mbpsに対応したエリアの詳細については「FOMAハイスピード」でご確認ください。
通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。
————————————————-

  • 通話確認は、契約のIP電話機から他のIP電話機または携帯に通話して音質の確認をしてください。
  • 通話品質が良くないと感じたら、モバイルルーターのLTE受信状況を確認してください。
  • モバイルルーター電源ONして、動作が安定してから、IP電話機の電源をONしくてください。