IP電話サービスにおける国際電話の不正利用に関するご注意


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/abp/abphone.jp/public_html/wp/wp-content/plugins/q-and-a/inc/functions.php on line 252

IP電話サービスにおける国際電話の不正利用に関する注意

昨今、IP電話サービスにおいて、不正に国際電話に接続され、高額の国際電話料金が請求される事例が多く発生。
この原因として、以下2つのケースがあり利用者側でも、十分注意が必要。

1. 利用者宅内機器への不正アクセスによるトラブル
 電話機器(ソフトウェアに脆弱性のあるIP-PBX(構内交換機)やSIPアプリ搭載パソコンなど)を利用者宅内に設置している場合、機器のセキュリティ対策が十分でないことが原因で、悪意のある第三者が利用者の宅内機器等に対し不正にアクセスし、利用者になりすまして国際電話を発信している事象が確認されている。
宅内機器におけるセキュリティ対策については機器ごとに仕様が異なるため、ご利用中の宅内機器のメーカーまたは保守業者等に相談し、パスワードの設定やソフトウェアのアップデートを行うなど、セキュリティ対策を実施することが必要。
2. アカウント情報が漏えいされ、不正に利用される場合
 IP電話アダプタに設定しているアカウント情報(ユーザIDやパスワード)が漏えいされた場合は、悪意ある第三者によって不正利用される。・アカウント、パスワードの管理には十分注意が必要で、他人には教えないこと
・アカウント、パスワードのファイルデータ及び印刷物は厳重に管理すること漏えいが確認された場合は、速やかに供給元に連絡し、解決策を講じること。